×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

About

    

【写真サークル「-OptO-」に架ける願い】


 英語の接頭語の”opto-“には”光学的、光の”という意味があります。かつて日大理工には写真サークルがありましたが残念ながらなくなってしまいました。   
 この度また新しく写真サークルを立ち上げるに当たって、このサークルが写真だけに限定せず、動画やホログラムなどの光学的なものを包括的に取り扱うという意味とこれから永続的にサークルが続いて行く明るい希望の光になってほしいという願いをこめてつけました。  
 活動を通してメンバー同士の親睦をはかるだけでなく、お互いを刺激しあい、成長できるような関係をサークルを通じて築きたいと願っています。さらに外部の写真展や習志野祭などで作品を出展することで日本大学理工学部の文化活動の振興をはかりたいと思います。  
 

【活動内容】

>
 ◯新歓撮影会をしたり
 ◯定期的にミーティングという形で集まり
 •撮った写真をプロジェクターで鑑賞したり
 •Photoshopなどをつかってレタッチしたり
 •WEBに公開したり
 •プリントしたり
 •写真技術の共有したり
 •カメラの雑談したり
 •フィルムの現像にチャレンジしてみたり
 •ホログラムやレンチキュラーなどの技術を使ってみたり
 ◯年に二度夏期と冬期休暇に合宿に行ったり
 ◯習志野祭や他の写真コンテストに出展してみたり
 
 
 こんな活動を通して、メンバーとの親睦をはかれたらいいなあと思ってます。
 
 
 質問疑問等ありましたら、お気軽にTwitterで質問とばしてくださいませ。
 
 
 
 
 

【部長からの言葉】

 こんにちは、子情一年の内藤です。
 私、とてもカメラと写真が好きで、高校でも三年間写真部長をつとめておりました。
 
 しかし、我がCSTには写真サークル、写真部たるものが存在しなかった!
 
 ということで、私が設立しました。
 
 写真サークルの顧問決定。子情で電子工学などを研究している、吉川教授になりました。吉川教授が暗室と暗室の機材を貸してくれるそうなので、フィルムの現像もできそうです。  
さらに、吉川教授のご協力により、ホログラムや立体写真も扱います。